• トップページ
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
googleロゴ

会社案内

藤木工務店会社案内イメージ

環境目標と実績報告

平成27年度の活動報告

平成27年度環境目的・目標を定めて活動を実施した結果、以下の結果となったことを報告いたします。
地球温暖化防止活動として、事務所部門の活動については、電気使用量は目標の平成24年度維持をさらに削減し達成の結果となっていますが、紙についてはわずかながら未達の結果となりました。
営業・RM部門については、積極的な省エネ提案の結果大きな成果を出しており、設計部門でも環境配慮設計の採用を目標達成し、地球温暖化への影響緩和に貢献しています。
工事作業所部門では、工事用電力の削減を目標に掲げCO2の削減に取り組んだ結果、順調に削減を達成しています。廃棄物削減活動については、混合廃棄物の排出原単位がわずかながら未達、リサイクル率については良好な状況ですが、広域認定制度の採用は目標未達となりました。

平成27年度の環境目標達成状況

活動部門

環境目的・目標

活動内容

達成状況

事務所・営業所部門

事務所電気使用料を削減する

平成24年実績維持
電気管理手順書による事務所電気の使用量の削減(照明・OA機器・空調温度設定等)及び設備機器の更新、ノー残業デイ

-5.6%

  達成

事務用紙を削減する

平成24年実績維持
事務用紙管理手順書による事務用紙の削減(OA用紙、外注印刷等の削減)

+0.9%

未達成

営業・RM部門

省エネ提案を推進する

50件以上(採用30件)
既存建物に対する省エネ提案

101件(採用59件)

達成

設計部門

環境配慮設計を推進する

採用件数5件/PJ

環境配慮設計の推進(CASBEEの活用)

5.4件/PJ

達成

工事作業所部門

施工時のCO2を削減する(電気等)

平成25年-2%
工事作業所の使用電気量削減活動の推進 CO2排出量/施工高当り

11.1Kg百万円 -22.5%

達成

廃棄物の減量化、リサイクルを推進する

分別排出を徹底する(混廃排出の削減)

混合廃棄物排出原単位12Kg/㎡

 

リサイクル率を向上させる (木くず、コン)リサイクル率90%

広域認定制度メーカーの活用(ボード・ALC等)新築60%以上

 

廃棄物の分別処理推進による混合廃棄物排出の削減

 

 

13.1kg/㎡

未達成

分別処理によるリサイクル率の向上

98%

達成

広域認定制度活用によるリサイクル推進

29%

未達成

今後も、未達成目標についての改善をさらに進め、環境方針に定める環境パフォーマンスの向上に努めていきます。 以下、平成28年度の環境目標を定め環境マネジメントシステムの成果をあげるべく、取り組んでいます。

平成28年度の環境目的・目標

活動部門

環境目的

平成28年目標

活動内容

事務所・営業所部門

事務所電気使用料を削減する

平成24年実績維持 電気管理手順書による事務所電気の使用量の削減(照明・OA機器・空調温度設定等)及び設備機器の更新、ノー残業デイ

事務用紙を削減する

平成24年実績維持 事務用紙管理手順書による事務用紙の削減(OA用紙、外注印刷等の削減)
営業・RM部門

省エネ提案を推進する

50件以上(採用30件) 既存建物に対する省エネ提案
設計部門

環境配慮設計を推進する

採用件数5件/PJ

環境配慮設計の推進(CASBEEの活用)

工事作業所部門

施工時のCO2を削減する(電気等)

平成25年-3%工事作業所の使用電気量削減活動の推進 CO2排出量/施工高当り

廃棄物の減量化、リサイクルを推進する

分別排出を徹底する(混廃排出の削減) 混合廃棄物排出原単位

10Kg/㎡

廃棄物の分別処理推進による混合廃棄物排出の削減

リサイクル率を向上する(木くず、コン)

リサイクル率90%以上
分別処理によるリサイクル率の向上

広域認定制度メーカーの活用(ボード・ALC等)

60%以上
広域認定制度活用によるリサイクル推進

Copyright© 2000 Fujiki Komuten Co.,Ltd. All rights reserved.