• トップページ
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
googleロゴ

会社案内

藤木工務店会社案内イメージ

環境目標と実績報告

2018年度の活動報告

2018年度環境目的・目標を定めて実施した結果、以下の結果となったことを報告いたします。
営業・RM部門については、積極的な省エネ提案の結果大きな成果を出しています。設計部門では環境配慮設計の採用を目標達成し、地球温暖化への影響緩和に貢献しています。
工事作業所部門では、工事用電力の削減を目標に掲げCO2削減に取り組み目標達成することが出来ました。廃棄物削減活動については、混合廃棄物の排出原単位が未達、リサイクル率については継続して良好な状況です。環境クレームは施工前の対策強化の成果があり目標を達成しています。

2018年度の環境目標達成状況

活動部門 環境目的・目標 活動内容 達成状況
営業・RM部門 省エネ提案を推進する
70件以上(採用40件)
既存建物に対する省エネ提案

89件
(採用60件)
達成

お役立ち提案を推進する
提案90件以上
ライフサイクル、バリアフリー、リノベーション、リフォームなどの提案活動

287件達成

設計部門 環境配慮設計を推進する
採用件数5件/PJ
環境配慮設計の推進

6.3件/PJ
達成

CASBEE評価 B+以上
(対象案件)
B+以上(対象案件)

1件
(対象案件)

工事作業所部門 施工時のCO2を削減する(電気等)
CO2排出量 14kg/百万円
工事作業所の使用電気量削減活動の推進
CO2排出量/施工高当り

13.0kg百万円
達成

廃棄物の減量化、リサイクルを推進する
分別排出を徹底する
(混廃排出の削減)
混合廃棄物排出原単位10kg/㎡

リサイクル率を向上する(木くず、コンがら、アスファルト)
リサイクル率98%以上

廃棄物の分別処理推進による混合廃棄物排出の削減

10.7kg/㎡
未達成

分別処理によるリサイクル率の向上

99.0%
達成

環境クレーム(近隣・行政等)の発生を防止する
環境クレーム件数 1件/PJ以内
環境クレーム防止営業情報を基本に条件に合った施工対策
PJ条件に合った施工対策指示

0.7件/PJ
達成

今後も、未達成目標についての改善をさらに進め、環境方針に定める環境パフォーマンスの向上に努めます。以下、2019年度の環境目標を定め環境マネジメントシステムの成果をあげるべく、取組んでいます。

2019年度の環境目的・目標

活動部門 環境目的 2019年目標 活動内容
営業・工事部門 有害物質(アスベスト・PCB・フロン・汚染土壌)の適正処理を実施する 解体工事・改修工事における有害物質含有の事前調査を実施する。
事前調査100%
解体・改修工事においては事前調査を完全に実施する
有害物質が含有されていた場合、物質に応じた適正な処理を実施する。
適正処理100%
含有されている有害物質ごとに適正に処理する
工事作業所部門 作業所におけるエネルギー消費の低減活動を継続し、電気使用量を抑制する
(CO2の排出抑制による温暖化対策)
電気使用量:26.217Kwh/施工高百万円 工事作業所の使用電気量削減活動の推進
電気使用によるCO2削減
循環型社会を目指すため、新築工事における分別排出を徹底し、建設混合廃棄物を抑制する 分別排出を徹底する(混合排出の削減)
混合廃棄物原単位 10kg/㎡
廃棄物の分別処理推進による混合廃棄物排出の削減
全部門 社員一人ひとりが環境保全の重要性を認識し、持続可能な循環型社会を目指す 環境保全の意識を向上させるため
『My行動宣言』 100%実施
社員全員が『My行動宣言』を実施する

Copyright© 2000-2019 Fujiki Komuten Co.,Ltd. All rights reserved.