• トップページ
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
googleロゴ

旧金毘羅大芝居

旧金毘羅大芝居

天保6年(1835)10月9日に完成した江戸時代末期の劇場建築で、 この種の遺構としては現在最古のものです。 江戸時代中頃より年3回の大祭に市が開かれるようになり、 見せ物小屋をそのつど建てては費用がかさむため、 富くじ場も兼ねて使用するということで建設されたという経緯があります。 昭和45年(1970)、国の重要文化財に指定されました。

Copyright© 2000-2019 Fujiki Komuten Co.,Ltd. All rights reserved.