• トップページ
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
googleロゴ

旧山邑家住宅

旧山邑家住宅 旧山邑家住宅

芦屋市の高台の灌木が生い茂る中に一際目立つ大正の超モダン建築。 山の尾根にありほとんど平坦地のない不利な地理条件で、この別荘の 設計を引き受けたのが、東京帝国ホテルの設計監理に招かれていた、 アメリカ人建築家フランク・ロイド・ライトです。 随所に大胆に大谷石を使い、天井の低い廊下から明るい広間に出る 空間構成、洋館に融和した和室、まるで教会堂のような天井装飾... 大正期の建物、また鉄筋コンクリート造の建造物としては初めての 重要文化財の指定を受けています。

Copyright© 2000-2019 Fujiki Komuten Co.,Ltd. All rights reserved.