• トップページ
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
googleロゴ

備中松山城

備中松山城

備中松山城は、市街地の北端にある臥牛山(がぎゅうざん)にそびえる山城で、現存する山城としては日本一高い所にある城(天守・標高430m)として有名です。起こりは鎌倉時代の1240年とされており、中世の遺構を残した近世式城郭としても貴重です。 天守と二重櫓は17世紀後半に建築された当時のままの姿で残っており、全国にある数少ない名城のひとつで、国の重要文化財に指定されています。 平成9年4月には、本丸に五の平櫓、六の平櫓などが復元され江戸時代の雄姿がよみがえり、平成15年3月には約二年を費やし、天守閣の改修が完了して、往時をしのばせてくれます。

Copyright© 2000-2019 Fujiki Komuten Co.,Ltd. All rights reserved.