• トップページ
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
googleロゴ

お知らせ

藤木工務店お知らせイメージ

2005年 お知らせ

2005.10.18
ヴォーリズ設計「京都御幸町教会(京都市有形文化財)」が京都新聞の特集 「カテドラル(聖堂)KYOTO Ⅷ」に大きく取上げられました。

京都御幸町教会は京都市役所の少し北静かな町並みに佇み、1913年(大正2年)建造といった古臭さを感じさせない赤煉瓦造りの美しい教会です。 設計は伝道者で実業家更には1600余りの作品を残すと言われる建築家 ウィリアム・ヴォーリズ によるもので、教会建築では元の姿を残す数少ない貴重な建物となっています。 当社は「阪神大震災後の1998年に大がかりな(基礎及び地上躯体の補強)耐震工事を施工、その際張替えの必要な床についても1913年当時の床材を再利用するなど、大正時代建造時の面影をそのままに残しております。

京都新聞10月12日の掲載記事 (写真 井上匠)     左教会正面写真の拡大

2005.09.30
当社創業第1号の作品 旧日本銀行岡山支店が登録有形文化財に答申されました。

旧日本銀行岡山支店は当社創業間もない大正11年に竣工したもので、外装を花崗岩、エントランスにコリント式円柱を配した古代ギリシャ様式の建築物で重厚な趣きを漂わせています。 現在は岡山県が多目的ホールとして使用されています。 (右は日本経済新聞9月17日に紹介された記事です。)

建物概要
建物名 旧日本銀行岡山支店
発注者 日本銀行
所在地 岡山市丸の内 1-6-1
完 成 1922年(大正11年)
設 計 長野宇平冶
施 工 藤木工務店

2005.09.22
つくばエクスプレス開業記念式典にて施工会社(当社)に対し感謝状を頂きました。

平成17年8月24日、東京・埼玉・千葉・茨城を結ぶ都市高速鉄道の「つくばエクスプレス」が開業致しました。 当社はこの事業に際し、「守谷総合基地検車庫・総合管理所棟新築工事」に参画し、この度 9月の同鉄道事業開業記念式典において、首都圏新都市鉄道株式会社様から感謝状を頂きました。 現在、同沿線地域の活性化が急激に進んでおり、弊社も今後同地域の沿線開発に積極的に参画致します。

守谷総合基地全景                   (上)検車庫、 (下)総合管理所棟 

工事概要 工事件名 守谷総合基地 検車庫・総合管理所棟
発注者 鉄道・運輸機構東京支社
所在地 茨城県筑波郡谷和原村大字筒戸字沼3500他
構造・規模 <検車庫>鉄骨造      地上1階 延べ面積 4,011.32㎡
<管理所>鉄筋コンクリ-ト造 地上4階 延べ面積 3,455.94㎡
工 期 2001年8月3日~2003年5月2日
設 計 鉄道・運輸機構東京支社建築課 <検車庫>東京建築研究所 <管理所>シード設計
施 工 フジタ・大本・藤木JV
2005.08.05
「新建築」8月号に千葉学設計 当社施工による話題のデザイナーズマンション 「altopiano」 が掲載されました。

原宿表参道より少し路地裏に入った閑静な高級住宅地に、斬新なデザインの集合住宅が完成しました。設計は本年度第21回吉岡賞を受賞した東京大学大学院助教授の千葉学先生、企画はデザイナーズマンションで定評のタカギプランニングオフィスです。1,2階をメゾネットタイプ、3,4階をフラットタイプで構成、水場を外周部に配置して真ん中をニュートラルな空間にする等独特のプランニングで、多くの人々が見学に訪れました。


メゾネットタイプ住戸内観
道路側外観 (写真撮影 西川公朗写真事務所)
建物概要
建物名 altopiano
発注者 個人
所在地 東京都渋谷区
構造規模 鉄筋コンクリート造4階
敷地面積: 192.95㎡
建築面積: 108.11㎡
延床面積: 299.97㎡
工 期 2004年6月~2005年1月
企 画 タカギプランニングオフィス
設計監理 千葉学建築計画事務所
施 工 藤木工務店

2005.06.25
倉敷中央病院心臓病センター・新病棟が竣工致しました

竣工した心臓病センター・新病棟は、21世紀前半の急性期医療に十分対応できる施設であるとともに、安全、プライバシー、アメニティにもきめ細かく配慮されたもので、地下から2階までを心臓病センターとし、うち1階部分には内視鏡センターと総合保健管理センター(人間ドック施設)のサテライトも併設されています。3階には屋上庭園を配し7階までを病棟、8階はベッドセンターと屋上庭園となっています。 施設概要では、カテーテル室5室、診察室6室、心電図室7室、心エコー室6室、集中治療室30床、病棟220床などで、心臓病の診断から治療、入院まで対応でき、心臓病専用医療施設としては中四国最大級の規模となりました。

              心臓病センター・新病棟
3階中庭と新病棟南面
心臓病センター・新病棟北面 第1棟(1975年当社施工)   倉敷中央病院全体配置図

工事名 倉敷中央病院心臓病センター・ 新病棟等新築工事
発注者 (財)倉敷中央病院
構 造 鉄骨鉄筋コンクリート造
規 模 地上8階 地下1階 塔屋1階
建築面積 2,968.20 ㎡
延床面積 17,071.90 ㎡
工 期 H15.10.01~H17.05.31
設 計 (有)ユー・アール設計
施 工 (株)藤木工務店

2005.05.20
中山歯科クリニックが「平成16年度 香川県建築士会 建築作品優秀賞」を受賞しました

香川県建築士会は5月20日、同会員からの応募70作品の中から当社施工の「パティオのある歯科クリニック」を平成16年度建築作品優秀賞に決定し発表しました。 この建物はヨーロッパの街角のようなパティオをもつ歯科医院で、外部は美術館のように、診療台からは癒しの空間になるように仕上がっています。

建物概要
建物名 中山歯科クリニック
発注者 中山 康弘 様
所在地 香川県高松市花の宮町
1丁目936-19
構造規模 鉄筋コンクリート造 2階建
延床面積 275.7㎡
工 期 2003/11/15~2004/06/30
設 計 冨田妃登志建築地域研究所
施 工 ㈱藤木工務店

2005.04.17
小田急相模原駅北口A地区再開発工事 の起工式が挙行されました

相模原市は人口60万人を擁する神奈川県の中核都市です。小田急相模原駅は6万人の乗降客があり、駅周辺は古くから商業で栄えた町です。 弊社は平成10年再開発準備組合発足当初から事業協力者として事業推進に関わってきました。 当再開発事業は駅前広場や周辺道路の整備による都市災害の防止と駅前の商業集積の拠点作りを目指して、地権者の方々の並々ならぬ熱意で推進され、相模原市 の強力なバックアップのもと平成20年3月の完成を目指し、4月17日に着工致しました。当日の起工式には相模原市長、県選出の国会議員、県議会議員、市 議会議員の方々をはじめ多数ご列席頂きました。

工事(建物)概要
工事名 小田急相模原北口A地区再開発工事
発注者 小田急相模原北口A地区再開発組合
構 造 RC造
規 模 地上20階/地下4階/ 塔屋1階、 建築面積 4,220㎡、
延床面積 36,000㎡
工 期 H17.3.15~H19.10.30
(全体)~H20.3.30
設 計 パシフィックコンサルタンツ㈱
施 工 安藤・藤木・小田急・櫻内建設工事共同企業体
用 途 1~4階 /スーパーマーケット、銀行、専門店、飲食店等
5~20階/約130戸の共同住宅
地下1階/自転車駐車場(2880)
地下2,3階/自動車駐車場(200)
構造的
特 徴
4、5階の間に免震層を設けた中間免震構造を採用(高層タワー部の揺れを最小限に抑える)

2005.03.22
役員等の異動に関するお知らせ(平成17年6月29日付)

役員等の異動に関するお知らせ(PDF:40KB/1ページ)

2005.03.09
雑誌「新建築 3月号」に当社施工の ゆとうや神鍋別館「輪楽の館」が紹介されました
建物概要
建物名 ゆとうや神鍋別館
「輪楽の館」
発注者 岡藤 政子 様
岡藤 正策 様
構造 木造 一部鉄骨造
規模 地上2階
建築面積 347.29㎡
延床面積 358.09㎡
工期 H14.9.06~H15.9.30
設計 木原千利設計工房
施工 藤木工務店

冬のスキー、夏の避暑、各種合宿の地として古くから知られる兵庫県は北部神鍋、日高町万場村の中、由緒ある旧家であるゆとうやさんは、2001年春にその母屋を焼失した。「昔の思い出と繋がる新しい形」をテーマに模索された設計(木原千利設計工房) は、北側の既存の蔵をとり囲むように厨房棟を配し、西側の客殿と東側客室棟を廊下で繋ぐかたちで、中央に母屋棟を配したもので、その母屋棟は、中心軸に2 本のケヤキ大黒柱を建て、頭繋ぎのトップライトから放射状に垂木を軒桁に急勾配で渡し、萱葺き屋根をイメージさせた外観としている。平面計画では玄関・広 間・座敷の単純な間取りながら、その形状は木の葉型とし、垂木と化粧板の高い丸みをおびた天井、周囲の縁側との間はガラスと障子の襖と、明るく・木の温も りのある宿泊者の集う広間をつくり上げている。



母屋南面外観
      
母屋内観
2005.02.26
ひと・まち交流館「讃州井筒屋敷」がリニューアルオープンしました

瀬 戸内海に面し香川県の一番東端に位置する引田の町は、藩政時代より「讃岐三白」と呼ばれる特産の砂糖と塩の生産が盛んで、井筒屋は元禄5年(1692年) から醤油や酒造業を営み、「引田御三家」といわれる豪商ぶりを誇った大店でした。屋敷及び周辺地域は今も昔ながらの景観を大切に残してきており、町並み保 存の中核的建物として、外形を残したまま保存修復し観光交流施設として一般に公開することになったものです。1200坪もある屋敷内には、来訪者の休憩所 となる母屋を中心に、5つの蔵を利用した和食料理店、骨董古美術店、伝統技能館、イベントホール・ギャラリー、複数のチャレンジショップ等が配さ れています。今回修復工事にあたっては、当社の文化財修復の実績・技術力を生かすことができました。

建物概要
建物名 讃州井筒屋敷
事業主 東かがわ市
規模 木造 1,2階、8棟、延床1427.61㎡
工期 H16.3.25~H17.2.28
設計 慧匠社建築研
施工 藤木工務店

西門

母屋1F

 三の蔵2F

Copyright© 2000-2019 Fujiki Komuten Co.,Ltd. All rights reserved.