• トップページ
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
googleロゴ

技術紹介

藤木工務店技術紹介イメージ

LSS工法(土の流動化処理工法)

LSS工法とは、建設現場で発生した土に調整泥土と固化材(セメント系)を混合し、用途に適した流動状態で、埋戻し・充填などが必要な場所へ流し込んで固化される工法です。自然環境を大切にする、いわば”土のコンクリート”です。

特徴

>LSS工法特徴

  1. 発生土をリサイクルするため、植物にやさしい
  2. 締固め不要で翌日には使用が可能
  3. 床下空洞や狭い場所でも施工が可能
  4. 所用の強度で埋戻し充填ができ、再掘削にも適している
  5. 体積変化が少なく、液状化しにくい

用途

LSS工法の持つ流動性・自硬性等を活かし、締固めが困難な場所の埋戻しや狭い空隙・空洞への充填などさまざまな用途に最適な工法です。

LSS工法用途

施工例

床下空洞部の埋戻し

床下に生じた空洞をLSS工法で充填しました。 床に複数の穴を開けるだけなので、施行中も営業を止めることなく作業ができます。

LSS工法床下空洞部の埋戻し

擁壁背面の埋戻し

L形擁壁の背面をLSS工法で埋戻しました。
地中配管廻りなど狭い場所でも十分に処理土が行きわたり、良好な埋戻しを行うことができます。

LSS工法擁壁背面の埋戻し

Copyright© 2000 Fujiki Komuten Co.,Ltd. All rights reserved.