• トップページ
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
googleロゴ

技術紹介

藤木工務店技術紹介イメージ

CFT構造

CFT構造とは、鋼管柱の内部にコンクリートを充填することで、 鋼管とコンクリートの長所の相乗効果により耐震性や耐火性に優れており、 大空間建築や低層から高層建築まで幅広い適用性があります。

特徴

CFT構造特徴

  1. 鋼管とコンクリートの相互拘束効果により、従来の構造と比較して柱の断面を小さくすることができます。
  2. 耐火性能が向上することで、耐火被覆が軽減でき空間が広く利用できます。(大臣認定要)
  3. RC造やSRC造と比較して鉄筋を使用しないことから施工性に優れています。

施工例

CFT構造施工例

日建設計東京ビル

日建設計東京ビル(東京都千代田区 2003年 3月 竣工)

CFT実大施工試験

実験柱全景

実験柱全景

充填・強度確認

充填・強度確認

Copyright© 2000-2019 Fujiki Komuten Co.,Ltd. All rights reserved.